家を購入する際、資金調達で誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

とても簡単に申請でき近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

その場合年末調整では受付不可なのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申し込みも進められます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、これをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、意外なところで費用がかかる場合もあります。

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

これからローンを組もうと色々探しているという方も、新しく銀行で借り換えしたい方も口コミを参照しましょう。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

じぶん銀行の住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

自分専用の家を建てたいと考えたときほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。

多くの銀行で申し込みができるので評判などを気にしながら選びたいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか従業員の態度や店の雰囲気まで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって参考になると思います。

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

自分の家を購入する時、現金で一括支払いをする。

という風な事は、通常あまり起こりえない事です。

一般的には、住宅ローンを申し込むという方法の借金をする事が多いです。

周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと毎月の支払に関して大変に思う人がたくさんいます。

人によって、支払は最長35年にもなります。

金利の上昇等も気になるところですしさらに、人生には突発的な事もあり得ますから支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

なので、様々なリスクを考慮して購入を考えると良いでしょう。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫または住信SBIネット銀行などのネットバンクなどからも受け付けています。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大事な点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも判断材料になりますからもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをした方が良いと思います。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

楽天銀行などのフラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気のじぶん銀行の住宅ローンです。

一般的なじぶん銀行の住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

これから、新築または中古の家を購入される方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

参考:https://www.wwce.net/

関連ページ